Loading

ブログ新着記事

【東京マヤ美人2021】2020年の振り返りと2021年に向けて①


東京マヤ美人 マヤ暦ハートフルナビゲーターの森岡です。

今年の3月にK1が廻った時から久しぶりの投稿になりました。

個人的な話で恐縮ですが。

私個人がマヤのサイクルの節目で一つの時代の終焉を向かえている事もあり、

「セッションであれブログであれ、私が私の捉え方でマヤを伝える事はもういいかな・・」

という気持ちもありました。

この他にも理由はありましたがブログを更新する気持ちにならず、

セッションもご依頼下さっていた方だけと思っていたのですが、

11月頃から知人や以前受けて下さった方のご紹介で何名かの方を鑑定させて頂きました。

 

時代の節目で家族が変わっていく流れの方、これまでの人生から新たな人生が始まる方、

リスタートの時で住居が変わる方。やはりリスタートの時代でご自身の方向性を再度確認したい方。

仕事で重要な決断をする方。逆にこれまでの仕事から転職を考えている方。

同じ人ではなく家族でもなく、違う人生を送っている方々ですが、

何故か共通するマヤのKIN(性質)がありました。

そのKINの性質は赤い地球。

共時性というキーワードがあり、時空を超えてシンクロニシティをもたらし、

心の連帯(つながりを)を求めるKINです。

また、「判断の基準」「舵取り」も組まれているKINです。

そのような事があったので、2020年の振り返りと2021年に向けての

私のマヤの解釈をシェアしてみようと思い、急遽ブログを書いています。

 

あくまで私の捉え方(主観)からくる解釈です。

物事を見る一つのツールであり、そのツールからこのようなとらえ方もある、

という事で、興味を持たれた方やしっくり来る方の参考にしていただけると幸いです。

少し長くなりそうですので記事を【2020年の振り返り】と【2021年に向けて】

2つに分けて掲載したいと思います。

【2020年の振り返り】

まず、今年を振り返ってみたいと思います。

今年はコロナウィルスの流行が、これまでにない社会現象を巻き起こしました。

臨時休業では経済が止まり倒産や閉店のニュースも相次ぎ、臨時休校で子供たちの教育が閉ざされ、

自宅学習や自宅勤務でライフスタイルが激変しました。

この現象は、コロナ過と呼ばれ、何世代に一度あるかないかで長期に広範囲に変化をもたらすだろうと

考えられています。

ここでマヤの全体の流れを見ると、2019年の夏に時代の移り変わりがあります。

目に見える現実社会や物質的な事にガイドされる時代から、

目に見えない精神(霊性)に目を向けて高めていく時代に変わっています。

鍛錬や忍耐の時代とも呼ばれていてマヤ暦のサイクルの中では非常に辛抱が必要な

厳しい時です。

そして、コロナウィルスの流行が始まった時期は「過去の出来事に審判が下される」という時期と

一致していました。

審判は「ある問題について検討し、その是非や適否に結論を出す」という意味を持ちます。

この言葉は、文字通りに社会現象を象徴しているように思われます。

外出規制がある分、家族が顔を合わせる事が多くなった。

コミュニケーションを多くとれたり家族の結束が高まる一方で水面下にあった問題が浮上した。

店舗が休業になり不便さをもたらす一方、自分で調理したり製作する楽しみをもたらす。

リモートワークでこれまでの働き方で根本から見直す。

これまで会っていた人達と会わなくなった事で関係を考える。

コロナウィルスの流行に伴うコロナ過が、

実はコロナ以前からあったけど水面下にあった問題の審判となった。

そのような方も少なくないと思います。

その中で「この環境下で、どれほどベストを尽くせるか?」

これが一つの鍵となりました。

ここでベストを尽くす事で夏以降の流れが変わっていきます。

学校が開校してお店も臨時休業を終えて開始当初より落ち着き、

物議を醸しだした国内のGotoキャンペーンを開始した頃に

マヤ暦のサイクルが移っています。変容のエネルギーとなりました。

変容は姿や形、状態や内容が全く変わってしまう事を示します。

嵐のような流れに流されるままに巻き込まれてしまのうか?

自ら飛び込んで巻き返しの波を起こすのか?

社会現象のせいだけにせず、自分自身にも目を向けられるかで

二分割されていくと思います。

変容という流れからみると、政治的にも国内は内閣総理大臣の辞任と就任、

アメリカ大統領選も11月。変容のエネルギーが流れた後です。

この意識は、マヤ暦のKIN(性質)で言うと青い嵐という性質です。

11月の大統領選は、この青い嵐の性質が流れる11月3日に始まりました。

この時の潜在意識は赤い月の13日間。

青い嵐とは全く逆で反対KINと呼ばれる性質です。

この2つがぶつかり葛藤をもたらした日。大統領選の結果もすぐ決まりませんでした。

次の記事で少しふれますが、

この大統領選はマヤ暦で見ても2021年以降、世界全体にかなり影響を及ぼす事になっています。

アメリカが世界に及ぼす影響は大きいですが、2021年以降は更に大きくなると思います。

この殊については2021年の記事でも少しふれたいと思います。

長くなってまいりましたので、2020年の振り返りはここまでとさせていただきます。

今日は大晦日ですので、この1年を振り返り来年の抱負に思いを馳せる方もいらっしゃると思います。

このブログが1年の振り返りと来年に向けて、何かしらの参考になるのならとても嬉しく思います。

最後までお読みいただき有難うございました。

 

東京マヤ美人 

森岡 江里

自分を知って悩まないハッピーライフをナビゲート
誕生暦ハートフルナビゲーター 森岡 江里
森岡江里のfacebook

【東京マヤ美人2020】2020年3月30日 K1を迎えて

【東京マヤ美人2021】2020年の振り返りと2021年に向けて②

関連記事

  1. 自分の心の中を浄化する日(5/17 今日のマヤ美人)

    2016.05.17
  2. マヤ暦は日常にあふれている【お客様の体験より】

    2019.03.06
  3. 【東京マヤ美人2021】2020年の振り返りと2021年に向けて②

    2020.12.31
  4. 【東京マヤ美人 赤い竜の13日】見える命を育む、水に感謝する、誕生

    2018.02.12
  5. 5月12日以降の13日をより活かす為に・・・(マヤ美人13日間の番外編)

    2016.05.04

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去の投稿

2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP